Pocket

 投資してきた「お金」や「時間」は無視する


こんにちは、宮野です。

 

先日、
ビジネスだけでなく、人生においても役立つ
重要な概念”機会費用”についての記事を書きました。

 

で、その際に
”機会費用”と同じくらい大事な概念
”埋没費用”については書けなかったので
今回記事を書きました。

 

機会費用についての記事はこちら


節約術の仕方、大丈夫? 節約しているつもりでお金も時間も浪費していませんか?

 

では、早速
埋没費用(サンクコスト)とは一体何か?
というところからご説明していきます。

 

ビジネスをやる場合だけでなく
人生においてもかなり重要な考え方なので
ぜひ読み進めて行ってくださいね。

 

埋没費用(サンクコスト)ってなに?

 

埋没費用(サンクコスト)とは、過去のコストのこと。

要は、

すでに消費してしまって、もう戻ってこない費用
を意味します。


ここでいう費用とは、
お金だけでなく、

 

 

 

 

 

時間労力なども含まれます。

 

 

 

 


例を挙げると

あなたは、1500万円以上の設備投資をし
ラーメン屋さんをオープンするとします。


半年後、もし経営が傾き
ラーメン屋さんをたたむことになったとしても
当然、投資した1500万円は返ってきません

このときの1500万円
埋没費用(サンクコスト)といえます。

 

もちろん
ラーメン屋さんをオープンするのに掛けた
時間や労力も埋没費用に当たります。

 

埋没費用(サンクコスト)を気にしてはいけない

 

で、ビジネスをする上で
埋没費用を意識してはいけません


それは、

埋没費用を考えたところで、
消費した過去のお金・時間・労力は戻ってこないからです。

 

なので、
過去に掛けてしまった「お金・時間・労力」
”経験値”だと割り切り、
もしどうしても上手くいかないビジネスがあった場合は
さっさとやめてしまった方が賢明です。

 

埋没費用(サンクコスト)はムダではない

 

ただ、重要なのは、埋没費用は必ずしもムダではない
ということ。

確かにムダに感じるようなこともあるかもしれません。

 

私の場合だと、
過去にたくさんのビジネスをかじってきたので

・FX
・株
・せどり
・ネットビジネス その①
・ネットビジネス その②
・ネットワークビジネス その①
・ネットワークビジネス その②
・コンサルティングビジネス

などなど・・・

お金でいうと200万円以上はつかってきましたし
時間だって、労力だって、相当注いできました。

 

正直、「無駄なこともしてきたなぁ。。」
と思わないこともないですが、

何もわからないけど、何でもいいから
とにかく現状の生活をどうにか変えたい!!!


と必死だった自分が精いっぱいやってきたことですし
必要な経験だったのかな、今では思います。

 

失敗することによって、学びもありましたし

人に話せるネタもいっぱいできましたし

こうしたら失敗するんだな」ということも
分かりましたし、

自分が本当はどういう方向に進んでいきたいのか
ということも分かりましたからね。

 

なので、

今後、ビジネスを加速させるための
最も有効な埋没費用の考え方は、

埋没費用にはさっさと見切りをつけ
せっかく得た経験値をこれからのビジネス
に活かしていくこと、なんじゃないかなと思います。

 

まとめ


今回、説明したことをまとめると

埋没費用(サンクコスト)とは、
 すでに消費してしまって、もう戻ってこない費用
 のこと。

 ここでいう費用とは、
 お金だけでなく、時間、労力なども当てはまる。

 

ビジネスをする上で埋没費用は意識しない。

 消費した過去のお金・時間・労力
 は戻ってこないので「経験値」だと割り切り、

 上手くいかないビジネスがあった場合は
 さっさとやめることが賢明。

◆埋没費用はムダではない。

◆今後、ビジネスを加速させるための
 最も有効な埋没費用の考え方は、
 埋没費用にはさっさと見切りをつけ
 せっかく得た経験値をこれからのビジネス
 に活かしていくこと


前回は、機会費用について、
今回は、埋没費用について説明しましたが
いかがでしたでしょうか。

 

この記事に関する質問は

コチラからいつでも気軽にしてください^^

最後まで記事をご覧頂きありがとうございます。


では、またいらしてくださいね♪

 

宮野